Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗のブログ。日々の学びや気付き、情報発信など。

私たちの活動について

生き方や働き方について、

悩む人や解らないという人が多いですが、

それはそうしたことについて学ぶ機会がなかったからだと思います。

 

私たちが運営する障害福祉サービス事業所「ココカラ」は、

生き方や働き方について学ぶことができる場所です。

 

人は誰もが、変わることができます。

 

本人が本気で変わりたいと思い、

適切な助言を受けながら自分を見つめ直し、

実際に新しい行動を起こすこと。

 

この繰り返しによって、

新しい自分に出逢うことができます。

私たちはそのサポートをする役割です。

 

心や感情の不安定さや落ち込み、

または自己否定感など、

精神面に起因する病気については、

本人の努力次第で治すことができます。

 

しかしそのためには、

自分と向き合い、

自分の心を磨いていくという

道のりが必要不可欠となります。

 

生きていて苦しい、

自分のことが嫌いという人は、

生き方や考え方が間違っています。

 

それは、

これまでの生活環境(家庭や学校など)の

影響が大きいと思います。

 

例を挙げるならば、

ほとんどの場合、

親が未熟だったのです。

 

子どもの意志を尊重することなく、

親の考えによって子どもを抑圧し、

コントロールし続けてきた子育てをしてきたご家庭が

非常に多いことを実感しています。

 

多くの場合、11歳頃から、

そうした抑圧による偏りや歪みが表面化してきます。

 

自己否定感情や、

感情の不安定さ、

強度のこだわり等として現れます。

そのことに親も子も気づき始めます。

 

ですが、

それを続けてきた親にも、

抑圧を受け続けてきた子にも、

もうどうすることもできないのです。

 

ですから、

私たちのようなサポーターが必要となります。

 

ココカラでは、

まず自己を解放し、

自分らしさを表現していただくことからサポートが始まります。

 

抑圧されていた分のエネルギーを

発散する必要があるためです。

 

それから、

他人との集団生活に参加していただく中で、

別に示す「人間性を高める支援」や、

自立に向けての段階別支援」を行います。

 

ココカラでは、

日々の面談やプログラム、

シェアハウスでの共同生活(希望者のみ)を通じて、

人としての成長するための環境を用意しています。

 

はっきり言って、

病気が改善されるかどうか、

働けるかどうかは、

本人の心磨き次第なのです。

 

私たちは

この心磨きをみんなで楽しく行っています。

 

楽しみながら学ぶ

ということを大切にしています。

 

なぜなら、

楽しくなければ、

どんなに良いことも続かないからです。

 

自分を変えたい、

変わりたいという気持ちがある人は、

ぜひ「ココカラ」という環境を

上手に活用していただけたらと思います。

 

楽しく学びながら、

新しい人生を歩むキッカケとなるかと思います。

 

このメッセージを見て

興味をお持ちいただいた方は、

ぜひ一度、見学に起こしいただけたらと思います。